トゥマンハティ(Teman Hati)とは、インドネシア語で『心の友』という意味です。

インドネシアの子供の教育支援や福岡の国際化推進など、さまざまな活動を通して、地球市民ひとりひとりが「Teman Hati (心の友)」として安心して暮らせる真のユニバーサル社会実現を支援していきます。

Teman Hati FUKUOKA (Kokoro no Tomo) mensupport pendidikan anak-anak Indonesia dan turut menyemarakkan program internationalisasi Fukuoka melarui berbagai macam kegiatan.

お知らせ

福岡在住外国人「特別定額給付金」申請手続き等サポート事業

このたび、「(新型コロナウイルス対策支援 特別募集)令和2年度福岡市NPO活動推進補助金」に当会の「福岡在住外国人『特別定額給付金』申請手続き等サポート事業」が採択されました。6月~7月中旬にかけて、日本語が不得手だったりネット環境が整っていないため情報が少ない福岡在住外国人の皆さんの申請書類作成をサポートしていきます。

https://fukuoka10.com

続きを読む

活動報告

留学生への新型コロナウイルス対策支援物資提供活動

政府による緊急事態宣言の影響でバイトがなくなり経済的に苦労している留学生へお米を届けて元気になってもらいたいと、ハンドベルゆりの会様より玄米をたくさん頂戴いたしました。オイスカ西日本研修センターさんのご協力のもと、当NPOが精米し、ひとり2kg 合計約254名分の白米を準備し、インドネシア留学生組織及び市内の日本語学校に配布をしました。

※白米の銘柄:「つやおとめ」「ひのひかり」 

玄米・雑穀類の販売をしている企業さんから頂いた、正規ルートのお米です。

※スマンガ(Semangat)とはインドネシア語で「頑張れ」の意味です。

■主催団体:NPO法人トゥマンハティふくおか

■玄米寄付/ハンドベルゆりの会(柳川市三橋町)

■精米場所/オイスカ西日本研修センター 

続きを読む

職業性ストレス簡易調査票(57項目)多言語化事業

『2019年度九州地域NGO活動助成金事業』(NGO福岡ネットワーク様と真如苑様の共同事業)の採択を受け、『職業性ストレスチェック簡易調査票(57項目)多言語化事業』に取り組みました。

現在50名以上の事業場では、年に1回ストレスチェックが義務付けられており、それは外国人労働者も含みますが、当会が調べた限りでは、外国語のストレスチェックを無料公開されているのは英語、中国語、ベトナム語、ポルトガル語だけです。(その他の言語はストレスチェック代行会社が非公開)

近年、外国人の技能実習生が増え、日本経済を支える新たな担い手として大きな活躍が期待されていますが、その反面、失踪事件など雇用側・被雇用側のトラブルも聞かれます。今後は日本人同士だけでなく、外国人労働者に対してもメンタルヘルスが求められる時代が近い将来訪れます。そこでいち早く、7か国の翻訳(ベンガル語、インドネシア語、クメール語、ビルマ語、ネパール語、タイ語、タガログ語)を無償で公開して、多くの企業様に活用していただき、職場改善や外国人理解に役立てていただきたいとの思いで実施いたしました。

https://stress-check-multilingual.jimdofree.com/


続きを読む

過去の活動

【2019年】 

あすみんノート19号「フクオカで暮らす外国人」に当会のあゆみやミッション、ビジョンなどをご紹介いただきました。→PDF

インドネシアカルチャーディinあじび開催

※インドネシアカルチャーディ2019、料理教室、よかトピア国際交流財団留学生交流イベント、どんたくパレード、佐賀国際交流協会の国際交流イベントなどは近々アップします。

【2018年】

論文『ムスリムの人も気軽に訪れ、ともに暮らせる街づくりにむけた研究』(外部リンク)

12月 24日 FNA 多文化共生を学ぶエスニック料理教室

11月 10日 さくらサイエンスプログラム 交流会

11月 05日 インドネシアカルチャーディ2017 開催

08月 27日 KFAWで「多様性の国・インドネシア講演会」